2007年10月29日

復刻!「紅い眼鏡」「ケルベロス」

 川井憲次コンサートを前に、川井さんの初期映画音楽作品『紅い眼鏡』『ケルベロス ―地獄の番犬―』の2作のサントラがキングレコードから復刻発売されました。
 「紅い眼鏡」はCD初収録を含むボーナストラックに加え、メインテーマの新録音ヴァージョンを収録した<完全盤>。
 「ケルベロス」もボーナストラックが追加されています。

 内容的には、2003年に発売されたCD-BOX「Kenji kawai Cinema Anthology 〜押井守実写作品集〜」とほぼダブります。でも、カラーブックレットが復刻されていますので、単独盤を持ってなかった人にはうれしい再発ですし、「紅い眼鏡」のほうは、BOXに未収録の曲も収録。これは買うしかないなぁ。

オリジナル・サウンドトラック 紅い眼鏡 <完全盤>

 : 紅い眼鏡 <完全盤>

オリジナル・サウンドトラック ケルベロス ―地獄の番犬―

 : ケルベロス ―地獄の番犬―

 最新情報としては、12月19日に、劇場作品を集めたBEST盤の発売が予定されているそうです!

K-PLEASURE 〜Kawai Kenji BEST OF MOVIES〜 CD-BOX  (3枚組)

posted by 腹巻猫 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

2007年10月28日

川井憲次コンサートまで、あと1週間!

 11月日に開催される川井憲次コンサート2007 シネマシンフォニーまで、あと1週間と迫りました。

 直前にはミシェル・ルグランの来日コンサートもあり、映画音楽ファンにはたまらない1週間になりそうです。

 過去に「パトレイバー・コンサート・ツアー」というプロジェクトもありましたが、今回のコンサートはフルオーケストラ。総勢112名にも及ぶオーケストラ+コーラスによる演奏です! オリジナルの編成に近づけていたら、こんな人数になってしまったのだとか。
 映画音楽って、作品ごとに要求されるサウンドが異なるので、オケの編成も違うのです。それをぜんぶまかなおうとしたら、どんな大変なことになるか…。だから、いままでこうした本格的なコンサートはやりたくてもできなかったのですね。

 それをあえてやろうという、今回の暴挙!いや快挙!

 開催に先駆けて、10月26日、都内で川井憲次さんのトークイベントがあったので、潜入取材してきました。

 コンサートでは映画作品を中心に20数曲を演奏。曲目は明らかにされませんでしたが、『攻殻機動隊』や『アヴァロン』『御先祖様万々歳!』などから曲が選ばれているもよう。100人以上のオケが一度にステージに上がるそうです。
 イベントでも言われてましたがスケールと手間を考えると、こんなコンサートは「最初で最後」かも。チケットはまだ販売中! 川井憲次ファン、サントラファンは、この機会を逃さないようにしましょうね!

川井憲次コンサート2007 Cinema Symphony

 2007年11月4日(日)

 パシフィコ横浜 国立大ホール
 開場 16:00 / 開演 17:00
 全席指定 9,450円(税込)

 チケットは、チケットぴあ(Pコード:267-034)、e+などで。

 問い合わせは、オデッセー(03-3560-3930)まで。

posted by 腹巻猫 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ/コンサート

時代劇アニメ「ストレンヂア」見参!

 以前、NHK木曜時代劇『陽炎の辻』を「佐藤さん初の時代劇」と紹介してしまいましたが、ごめんなさい! 作曲はこちらのほうが先なんだそうです。佐藤直紀さん初の時代劇作品は、時代劇アニメ『ストレンヂア 無皇刃譚』でした。

 しかし、アニメとあなどることなかれ。劇場の大画面で鑑賞してもらいたい作品です。それだけの迫力、そして心意気がある。画面構成、アクション、サウンド、どれも「映画」と呼ぶにふさわしいクオリティに仕上がっていて、圧倒されます。

 サントラは劇中使用曲をほぼ網羅。本編使用順に沿った構成で映画の興奮がよみがえります。クレジットにはありませんが、選曲・構成は作曲の佐藤さん自身。曲タイトルは安藤真裕監督によるものです。
 聴きどころは、パーカッションを主体にした高揚感たっぷりのアクションテーマ「羅刹の宴」「双黒の鬼」「疾風戦野」、いかにも佐藤さんらしい、主人公「名無し」のテーマ「出会い…」「空の涯てまで」、モロッコの楽器を使ったという「穢れなき悪戯」など。和風のように聞こえるけれど、邦楽器ではなく、あえて海外の民族楽器などを使ったというサウンドがユニークです。映画ゆえ、同じモチーフを使った変奏が多く作られていますが、その繰り返しも映画的感動を呼ぶのですね。

 ブックレットには、安藤監督、若林和弘音響監督、佐藤さん3人の鼎談を掲載(取材・構成は氷川隆介氏)。音楽メニューとともに1曲ずつ、「この場面にどうしてこの音楽なのか」、三者それぞれの立場からのコメントが語られています。銀色のインクがちょっと読みにくいのが残念ですが、サントラファン、佐藤直紀ファン必読の興味深いテキストになっています。

 都内ではあと1週間ほどで主要館の劇場公開は終了。未見の方は、いまのうちにどうぞ。

ストレンヂア 無皇刃譚 オリジナル・サウンドトラック

 : ストレンヂア-無皇刃譚- オリジナル・サウンドトラック

posted by 腹巻猫 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | CD

「灰羽連盟」幻の挿入歌

 10月25日、南青山MANDALAで「枕草子」のライブを聴きました。

 枕草子は、作曲家・ピアニストの大谷幸とヴォーカル愛華の2人ユニット。
 前回はアニメ『黄金のガッシュベル』からBGMの演奏というサプライズがありましたが、今回はなんと、アニメ『灰羽連盟』の幻の挿入歌を聴くことができました。
 『灰羽連盟』は、背中に羽を持つ少女たちの、メルヘンともファンタジーともつかぬ、不思議な物語。派手さはありませんが、一部でカルト的な人気を持つ作品です。大谷幸さんの音楽は、ピアノの響きを生かしたしっとりした作りで、軽さに流れず、心の奥深くにしみる味わいがありました。

 今回演奏されたのは、番組で使うために作曲されながら、実際は使われなかった幻の挿入歌「満点な星」。歌詞からして、終盤の祭りのシーンで流れる予定だったのでしょうか。愛華のヴォーカルで初披露されました。
 こういうサプライズがあるから、ライブはあなどれません。

<set list>
1st set

  1. ピアノ・ソロ
  2. ジェリービーンズの森
  3. AKatombo
  4. 満点な星
  5. 柘榴
  6. 地球兄弟
  7. 美しい日々
  8. 秋色の少年

2nd set

  1. いちご畑
  2. 黒いウサギ
  3. ボクの地図
  4. little hands
  5. Un do
  6. Live Air 秋の森
  7. 神の島
  8. 23区
  9. 人魚のウロコ

アンコール
 ・百の手紙

 大谷さんの繊細かつ力強いピアノもすばらしいですが、愛華のヴォーカルが実にいい。小柄な身体のどこから、あんな芯の太い声が出てくるのかなぁ。存在感のある魅力的なヴォーカリストです。
 会場全体が不思議空間に包まれるような、すてきなライブでした。

灰羽連盟 サウンドトラック ハネノネ
 作曲した大谷さん自身もお気に入りというサントラ盤。名作です。

 : 灰羽連盟 サウンドトラック ハネノネ

posted by 腹巻猫 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ/コンサート

2007年10月16日

10月14日 五條真由美ライブ BAJ3

 10月14日。
 目黒<Blues Alley Japan>(BAJ)で五條真由美さんのライブを聴きました。
 五條さんのBAJライブは昨年6月以来。3回目。

 いやあ、すごくよかった。昨年よりもぐっと落ち着いて、大人の雰囲気のステージ。
 アニメソングは『ふたりはプリキュア』と『おジャ魔女どれみ』から各1曲、2曲のみ。あとは、オリジナル曲と洋楽カヴァーという構成です。

 五條さん、今回は思いきったなぁと思いましたね。いつもは、4〜5曲、『プリキュア』をはじめアニメソングから選曲するんですが、そこを封印。自身のヴォーカルで勝負!という気合が感じられたステージでした。ファンが盛り上がる『ガンバランス de Dance』もなし。

 声の伸びがいい。特に、ジャズのスタンダード「You'd be so nice to come home to」が絶品で、あらためてヴォーカリストとしての技量の高さと表現力に感動しました。ジャズやポップスOnlyのライブも十分行けますよ。


<set list>
1st set

  1. In My Way
  2. Private Smile
  3. 願い月
  4. 青が目に沁みる
  5. セピアブルー
  6. DIAMONDS
  7. 35°C

2nd set

  1. Hey (?ちょっとウロ覚え) (カヴァー)
  2. You'd be so nice to come home to (カヴァー)
  3. ジョアン
  4. 10秒数えて (『おジャ魔女どれみ』挿入歌)
  5. DANZEN!! ふたりはプリキュア ver.MaxHeart (『ふたりはプリキュアMaxHeart』主題歌)
  6. 紅い花
  7. Birth

アンコール

  1. スローブルー (Private Mini Album「Maik 01」から)
  2. ワケあり

 今回は、ソロアルバム『Iridescent+(plus)』のリリース記念ライブの意味もあり、大半がアルバムからの選曲となりました(set listに注記のないものはアルバムの曲)。バンドメンバーもレコーディングメンバー中心、五條さんの衣装もジャケット写真に合わせたもの。プリキュアファンには物足りなかったかもしれませんが、五條さんのファンには、満足度120%の夜だったでしょう。

 洋楽カヴァーたっぷりのライブも実現してほしいなあ。

Iridescent+(plus) (五條真由美)
 2005年にインディーズでリリースされたアルバムに新曲3曲をプラス。また、旧盤に収録されていた「紅い花」はpiano versionで収録。

 : Iridescent+

五條真由美 ボーカルベスト from ふたりはプリキュアシリーズ!!
 こちらは、五條さんが歌ったプリキュアソングのベスト。新録で「まかせて★スプラッシュ☆スター★」のカヴァーも収録。

 : 五條真由美 VOCAL BEST

五條真由美Official Site

Offical Blog「五條真由美のおそねおそおき」

posted by 腹巻猫 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ/コンサート