2008年10月14日

菅野祐悟クリスマスコンサート開催!

 『ハケンの品格』『SP』『ガリレオ』などの音楽で活躍する作曲家・菅野祐悟さんのコンサートが12月に開催されます。


 菅野祐悟クリスマスコンサート 2008

 2008年12月17日(水)
 18:30 開場/19:00 開演
 めぐろパーシモンホール 大ホール

 〒152-0023 目黒区八雲1-1-1
 TEL 03(5701)2924

 チケット:全席指定 \4,500 (発売中)


 昨年の1stコンサートのようすはBLOGに書きました。フレッシュで意欲的なステージでした。

 今回はアニメ『鉄腕バーディー DECODE』の曲も曲目に入ってるそうなので、その点も期待ですよ!

 200801_1240 200802_1240

 菅野さんの事務所・フラッグシップの告知ページ

posted by 腹巻猫 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ/コンサート

2008年10月06日

春風のように 「テレパシー少女 蘭」

 NHK教育テレビで放映中のテレビアニメ『テレパシー少女 蘭』のオリジナル・サウンドトラックが発売されました。私は構成・解説を担当しています。

 原作は、あさのあつこの「テレパシー少女 蘭の事件簿」シリーズ(講談社 青い鳥文庫)。『バッテリー』のヒットが記憶に新しいあさのあつこには、SF・ファンタジーに分類される作品がいくつかあり、このシリーズもその一つです。でも、SF的な設定よりも、少年少女たちのテンポよい会話や行動が面白い! そこがあさのあつこらしいですね。

 アニメ版もそれを踏襲しており、蘭と翠のイキイキした会話が見どころ(聴きどころ)。二人の超能力少女の活躍を彩る池頼広さんの音楽が、またいいのです。アクションやサスペンスは抑え目に、春風のようなさわやかな楽曲中心です。

 オーケストラ録音は2回行なわれており、今回は第1回録音の曲中心に構成しました。ほんとはOP、EDのテレビサイズを入れる予定だったのですが、諸事情により見送りに。2枚目に期待してください。

 聴きどころは、主人公二人のテーマとなる「蘭のテーマ」と「翠のテーマ」。2曲目に置いた「世界は驚異で満ちている」はサブタイトルの元になった曲です。終盤に登場する「留衣のテーマ」は蘭のボーイフレンドをイメージしたやさしい楽曲。全体に木管とピアノの響きを生かしたあたたかい曲が多いです。『COBRA The Animation』や『ケータイ捜査官7』など、最近アクションものが多い池さんですが、こういうおだやかな曲もしみじみいいのですね。


<収録曲リスト>

  1. 蘭のテーマ (M01)
  2. 世界は驚異に満ちている (M14)
  3. 家族の絆 (M19)
  4. 胸さわぎ (M02)
  5. 見えないものの影 (M30)
  6. 出会い (M11)
  7. 翠のテーマ (M08A#2)
  8. せつなくて (M05)
  9. 心のとげ (M22)
  10. キショー&テンケツ (M06 slow)
  11. 磯崎家 (M17)
  12. 何かが道をやってくる (M23)
  13. 襲撃 (M26)
  14. 蘭、跳ぶ! (M03A)
  15. 友情 (M34)
  16. 二人は最高!? (M10)
  17. 夕焼け (M37)
  18. 悲しい過去 (M21)
  19. エスパー探偵が行く (M29)
  20. 絶体絶命! (M24)
  21. サイキック・バトル (M32)
  22. 留衣のテーマ (M12)
  23. 蘭と留衣 (M13#1)
  24. 春風 (M01 Flute Pf)

テレパシー少女蘭 オリジナル・サウンドトラック
 背景好きの池さんがよろこびそうなジャケットデザインです。

 : テレパシー少女蘭 オリジナル・サウンドトラック

posted by 腹巻猫 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年10月01日

特撮ナイト 第2夜 終了しました!

 9月27日の特撮オンリーDJイベント「特撮ナイト 第二夜 〜百億の正義と千億の悪」、無事終了しました。
 総勢8人のDJが特撮にちなむ曲をかけまくるというイベント。足を運んでくださったみなさま、ありがとうございます。おかげさまで盛況のうちに終わりました。

 私のセットリストです。


1.『クローバーフィールド』〜"ROAR!"(マイケル・ジアッチーノ)+『ゴジラ』〜足音と鳴き声(MIX用素材)

 序盤は「特撮2008」というテーマで今年の特撮映画にちなんだ曲を。

 『クローバーフィールド』は特撮ファンの間では「真のUSAゴジラ?」と評判になった映画ですが、音楽も話題でした。本編にいっさい音楽はなく(手持ちカメラのドキュメンタリー映像という設定だから、そりゃそうだ)、唯一、エンディングにマイケル・ジアッチーノの音楽がかかる。このエンディング曲が伊福部昭の『ゴジラ』メインタイトルへのオマージュに満ちた曲で、「サントラは出ないのか?」とサントラファンの間でも騒然となりましたですよ。
 しかし、音楽が1曲しかないんじゃサントラ盤なんか出るわけない。「マイケル・ジアッチーノ BEST」なんてアルバムが出れば入るんだろうけど…、と思っていたら、iTunesのみの販売で配信されたのです。それが、"ROAR!"。しかも12分のロングヴァージョン。

 会場では、それを映画のエンディング・サイズに編集したものに、1954年版『ゴジラ』のメインタイトルに重ねて流れていたゴジラの足音と鳴き声をMIXしてみました。つまり、この1曲で、50年の時を隔てて呼び合う日米特撮魂の響きを聴いてもらおうという壮大な企画で……。いや、単に笑ってもらえればうれしかったんですけど(^_^;

2.『鹿男あをによし』〜メインタイトル&エンディングテーマ (佐橋俊彦)

 今年の特撮ファンタジードラマの収穫の1本。佐橋俊彦の音楽がまるで「ウルトラマン」のようで楽しい。エンディングは海外ドラマのテーマ音楽のようなノリのよい曲です。

3.『宇宙大怪獣ギララ』〜月と星のバラード (倍賞千恵子)

 『ギララの逆襲』へのリスペクトとしてオリジナル版からいずみたく先生の名曲。

4.『隠し砦の三悪人』のジャケで
 『スターウォーズ ep.IV』〜二つの夕日(ジョン・ウィリアムズ) & 『キングコング対ゴジラ』〜メインタイトル(伊福部昭)

 映画をご覧になった方ならわかっていただけるかと。樋口監督は音楽にこだわる方で、佐藤直紀さんは『ローレライ』でも監督の注文に応えるべく苦心されていました。
 この映画でも、『隠し砦の三悪人』(黒澤版)にインスパイアされた『スターウォーズ』へのオマージュ、さらには『キングコング対ゴジラ』へのオマージュが音楽から聴き取れます。

 会場では、『スターウォーズ ep.IV』(公開第1作)で印象深い「二つの夕日」のベン・ケノビのモチーフから、火祭りの踊りで引用された『キングコング対ゴジラ』のメインタイトル(ファロ島の踊りの歌)へとつなげてみました。つまり、この2曲で、海を越えて呼応する日米映画魂の響きを聴いていただこうという壮大な企画で……。いや、笑ってもらえればうれしかったんですけど。ちょっと凝りすぎてすべりましたね(^_^;

5.『スピードレーサー』〜Speed Racer(マイケル・ジアッチーノ) & 『マッハGoGoGo』〜マッハ・ゴー・ゴー・ゴー主題歌(ボーカルショップ)

 ウォシャウスキー兄弟の映画でも堂々「Nobuyoshi Koshibe」とクレジットされている越部信義先生の名曲。会場では、ジアッチーノがアレンジしたエンディング・クレジットからオリジナルへとつなぎました。

6.『炎神戦隊ゴーオンジャー』〜炎神戦隊ゴーオンジャー (高橋秀幸)

 2008年の特撮&車つながり。

7.はしれ!スーパーカー (渡辺宙明/水木一郎)

 車特集(笑)。スーパーカーブームに乗って作られた特撮とは関係ない企画ソングですが、宙明先生と水木一郎コンビの作品。『ジャッカー電撃隊』『大鉄人17』『合身戦隊メカンダーロボ』などと同じ1977年の作品で、ノリにノった宙明先生のアレンジと水木一郎のヴォーカルが、まさに特撮です。

8.『江戸川乱歩シリーズ 明智小五郎』〜メインテーマ (菊池俊輔)

 がらっと雰囲気を変えて、ここからは変身ヒーローの登場しない怪奇&犯罪ドラマ特集です。
 『明智小五郎』は『仮面ライダー』の前年1970年の作品。『仮面ライダー』で開花する菊池俊輔の怪奇アクション音楽の源流が聴けます。私の中では、江戸川乱歩は特撮(幻想怪奇)。でも横溝正史は違うかな?という分類なのです。

9.『ジキルとハイド』〜メインテーマ (佐藤勝)

 丹波哲郎が主演というだけでじゅうぶん特撮です。強烈なオープニングが忘れられない。この曲はもう立派にモンドですよね。

10.『怪奇大作戦 セカンドファイル』〜メインタイトル(玉木宏樹) & メインテーマ(冬木透)

 怪奇犯罪特撮といえば『怪奇大作戦』。ここでは、昨年放映された『セカンドファイル』からメインタイトルとメインテーマを選曲。玉木宏樹と冬木透の競演に注目です。

11.『ケータイ捜査官7』〜BGM(池頼広) & "WAKE YOU UP"(島谷ひとみ)

 個人的に『怪奇大作戦』の精神を受け継いでいると思っている2008年の特撮ドラマから。サントラ盤は10月29日発売予定。宣伝と期待の意味を込めて、劇中曲と主題歌のテレビサイズを聴いていただきました。

12.『怪人二十面相』〜風と僕のバラード (上条恒彦)

 ラストは渡辺岳夫作曲の叙情曲でクールダウン。『怪人二十面相』といえば豪快なオープニング曲が有名ですが、このエンディング曲もなかなかの名曲です。


 以上でした。

 『栞と紙魚子の怪奇事件簿』が入れられなかったのが心残り。
 でも、歌のないサントラ曲がたくさんかけられて満足です。

 主催者によれば、第三夜は来年3月だそうですよ。よろしくです!


<入手可能なディスクリスト>

クローバーフィールド 〜 ROAR!
 ダウンロード販売のみ。iTunes Storeで購入できます。
 ※リンクはiTunesが立ち上がります。

 Roar

鹿男あをによし オリジナル・サウンドトラック

 : 鹿男あをによし オリジナル・サウンドトラック

宇宙大怪獣ギララ SF怪獣映画サウンドトラック・コレクション
 「月と星のバラード」の劇中ヴァージョン収録。会場でかけたレコードヴァージョンは「日本映画 黄金時代 ヴォーカル編」というCDで聴けたんですが、現在入手困難です……。

 : 宇宙大怪獣ギララ

隠し砦の三悪人 オリジナル・サウンドトラック
 火祭りの踊りの曲は残念ながら未収録。

 : 隠し砦の三悪人

大怪獣伝説 〜東宝特撮映画メインテーマ大全集〜
 『キングコング対ゴジラ』メインタイトル収録。会場で流したのは、「ゴジラ・サウンドトラック・パーフェクトコレクションBOX1」所収のステレオ版でした。

 : 大怪獣伝説

スピードレーサー オリジナル・サウンドトラック
 『マッハGoGoGo』の主題歌モチーフをたっぷり使用。原典への愛にあふれた作品です。

 : スピードレーサー

MFコンピレーション 超空想サーキット 〜歌のスーパー・グランプリ〜
 オリジナル版「マッハ・ゴー・ゴー・ゴー主題歌」と「はしれ!スーパーカー」が聴けてお買い得。

 : 超空想サーキット

炎神戦隊ゴーオンジャー [MAXI]

 : 炎神戦隊ゴーオンジャー

江戸川乱歩シリーズ 明智小五郎 ミュージックファイル

 : 明智小五郎

ジキルとハイド オリジナル・サウンドトラック

 : ジキルとハイド

怪奇大作戦 コンプリート・サウンドトラック
 新旧『怪奇大作戦』のサントラをカップリングした2枚組。

 : 怪奇大作戦 コンプリート・サウンドトラック

ケータイ捜査官7 オリジナル・サウンドトラック
 待望のサントラ盤は10月29日発売!

 : ケータイ捜査官7

懐かしのテレビまんが主題歌大全集 特撮ヒーロー編
 「怪人二十面相」「風と僕のバラード」を収録。

 : 懐かしのテレビまんが主題歌大全集 特撮ヒーロー編

posted by 腹巻猫 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント