2020年04月15日

哀悼・大林宣彦監督

 4月10日、大林宣彦監督が亡くなりました。

 本当に残念です。心より哀悼の意を表します。

 監督の名を意識したのは、映画『転校生』から。『HOUSE』や『ねらわれた学園』でユニークな映画を撮る監督だとは認識していましたが、「これは自分の映画だ」と思ったのは『転校生』でした。
 以来、名画座などで旧作をフォローし、新作を追いかけ、ご多分にもれず尾道のロケ地めぐりもしました。

 多感な時期に大林作品に出会い、同じ時代を生きられたのは幸運でした。自分の何分の一かは、大林映画でできている気がします。

 すばらしい作品と体験をありがとうございました。

 Dscf2364s
 Dscf2347s
 Dscf2451s

[E:#x2606]映画監督の大林宣彦さん死去 「転校生」「時をかける少女」(産経ニュース)

 

posted by 腹巻猫 at 07:03| 日記・コラム・つぶやき