2013年03月28日

堀江美都子さん&大杉久美子さん「TV主題歌大全集」

 堀江美都子さんと大杉久美子さんのTV主題歌映像を集めたDVDが3月27日に日本コロムビアから発売されました。

 すでに発売中の『ささきいさお TV主題歌大全集』『水木一郎 TV主題歌大全集』に次ぐオープニング&エンディング映像集です。

 堀江美都子さんの「あばれはっちゃく」「五街道まっしぐら」、大杉久美子さんの「ドン・チャック物語」の映像など貴重ですね。

 特典は最新インタビュー映像!

 『エースをねらえ! オリジナル・サウンドトラック』の取材で大杉さんにインタビューしたとき、このDVDの発売をとても楽しみにされていました。ファンの方はぜひどうぞ!

堀江美都子TV主題歌大全集
 収録曲は日本コロムビアの商品ページで。

 : DVDジャケット

大杉久美子TV主題歌大全集
 収録曲は日本コロムビアの商品ページで。

 : DVDジャケット

posted by 腹巻猫 at 07:27| DVD/BD

2011年12月07日

「水木一郎 TV主題歌大全集」発売!

 水木一郎が歌うTVアニメ、TV特撮番組の主題歌映像を集めたDVD『水木一郎 TV主題歌大全集』が12月7日に発売されます。

 『原始少年リュウ』(1971)でアニメソング・デビューして40周年を記念しての企画。『マジンガーZ』をはじめ、『超人バロム・1』『バビル2世』『鋼鉄ジーグ』『快傑ズバット』『宇宙海賊キャプテンハーロック』など、100曲余りが収録されます。オープニングだけでなく、エンディングも収録されているのがポイントですね。『アストロガンガー』や『ゲッターロボ號』など、ほかの主題歌全集DVDに収録されていない映像が観られるもうれしい。

 昨年発売された『ささきいさお TV主題歌大全集』に続くアニヴァーサリー企画です。これまで制作会社やシリーズで集めた主題歌集はありましたが、歌手で集めるのは新しい視点。この調子でほかのアニメソング歌手の主題歌映像集も発売してほしい!(個人的には作曲家別というのもほしい)

水木一郎 TV主題歌大全集 [DVD]

 : 水木一郎 TV主題歌大全集

☆収録内容はこちらを参照。

posted by 腹巻猫 at 06:28| DVD/BD

2011年02月02日

「ふたりはプリキュア」DVD-BOX発売!

 『ハートキャッチプリキュア!』の感動の最終回の余韻覚めやらぬ中、シリーズ第1作『ふたりはプリキュア』のDVD-BOXが発売されました。
 プリキュアのDVD-BOXは初。2BOX構成で、2月2日に前半(1話〜28話)を収録したVol.1[Black]が、3月2日に後半(29話〜49話)を収録したVol.2[White]が発売されます。

 得点は2BOXが収納できるイラストケース。そして、解説書。この解説書がすぐれもので、鷲尾天プロデューサー、西尾大介監督(シリーズディレクター)、キャラクターデザインの稲上 晃の3氏への取材をもとに、作品の誕生、各キャラクターの設定、各エピソードの解説が掲載されています。図版の量では『ふたりはプリキュア ビジュアル・ファンブック』におよびませんが充実の内容。

 初代シリーズの魅力は、徒手空拳、肉弾戦で戦うプリキュアのアクション。そして、なぎさとほのかを中心とした日常描写。傷だらけになりながら戦うブラックとホワイトの姿は、最近のプリキュアシリーズでは見られない迫力にあふれています。

 音楽はもちろん佐藤直紀! プリキュアサウンドのルーツと呼べる、豊かなメロディとダイナミックなアレンジが楽しめます。

 来週からは新シリーズ『スイートプリキュア!』がスタートします。この機会にプリキュアシリーズの原点をふりかえってみるのもよいと思いますよ。私は単品で全巻持っているんですが、BOXも買ってしまいました。

ふたりはプリキュア DVD-BOX vol.1[Black]

 :ふたりはプリキュア DVD-BOX vol.1[Black]

ふたりはプリキュア DVD-BOX vol.2[White]
 BOX2は3月2日発売!

 :ふたりはプリキュア DVD-BOX vol.2[White]

↓3月2日はこんな本も発売されます。

プリキュアぴあ

 :プリキュアぴあ

posted by 腹巻猫 at 12:03| DVD/BD

2010年12月27日

映像でたどる、ささきいさおTV主題歌全集

 ささきいさおのデビュー50周年を記念したDVD『ささきいさお TV主題歌大全集』が日本コロムビアから発売されました。
 こういうアニバーサリー企画ではベスト盤CDやCD-BOXが発売されることが多いのですが、今回はDVD。ささきいさおが主題歌を歌ったアニメ、特撮番組のオープニング映像51本が収録されています。これは、買うしか! 観るしかない!

 収録内容は『新造人間キャシャーン』からはじまって、『宇宙戦艦ヤマト』、『秘密戦隊ゴレンジャー』、『UFOロボ グレンダイザー』、『宇宙鉄人キョーダイン』、『新 巨人の星』、『銀河鉄道999』、『宇宙からのメッセージ 銀河大戦』、『ザ★ウルトラマン』、『超人機メタルダー』、『銀河鉄道物語』、『特捜戦隊デカレンジャー』などなど、ファンならおなじみの作品ばかり。最新作品『最強武将伝 三国演義』も収録されています。
 あらためてまとめて観ると、ささきいさお主題歌のオープニングはいいものが多いんですよねぇ。これまで、制作会社別のオープニング集はありましたが、こういう切り口で、さまざまな制作会社の作品のオープニングが観られるのはなかなか新鮮で楽しい。思わず観入ってしまいました。ホームパーティなどで流すと盛り上がりそうです。

 『宇宙戦艦ヤマト』はイントロなし、ありの2ヴァージョン収録。映像特典にはささきいさおスペシャルインタビューを収録して、ファンにはこたえられない作りになっています。アニメソング・特撮ソングの歴史をたどる資料としても格好のもの。来年1月2日に渋谷C.C.Lemonホールで開催される「ささきいさおデビュー50周年記念特別公演 新春アニソン・スーパー・ステージ2011」に行かれる予定の方は、ぜひこのDVDで予習しておきましょう。

ささきいさお TV主題歌大全集

 : ささきいさお TV主題歌大全集

posted by 腹巻猫 at 03:08| DVD/BD

2010年10月19日

ザ・ワンダースと冬木透、奇跡のコラボ!DVD「昭和の情景」

 すでにご存知の方も多いかと思いますが、仙台放送制作のDVD『続・昭和の情景』が9月18日に発売されました。
 2009年12月23日に発売されたDVD『昭和の情景』の続編…というより、2本合わせて1つの作品として完成したといってよいでしょう。

 『昭和の情景』『続・昭和の情景』は、仙台放送に残っていたフィルムを素材に編集・構成されたドキュメンタリーです。映っているのは昭和30〜40年代の日本(宮城・仙台)の情景。これが特撮ファンの間で話題になりました。というのも、1巻目には幻の「突撃!ヒューマン」のショーや『宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン』ショー、『帰ってきたウルトラマン』ショーなどの映像が、続編にはウルトラセブンと快獣ブースカの撮影会、『仮面ライダー』ショー、『月光仮面』ショーなどの貴重な映像が収録されていたのです。

 しかし、本当の見どころはそこではありません。高度成長期の街づくり、駅や道路や空港や公共施設、娯楽施設などが次々と整備され、そこに人が行き交う姿。そんな、時代の記憶が刻まれているところです。特に昭和30、40年代に少年時代・青春時代を送った人ならば、宮城県・仙台という地域性を超えて胸を打たれる映像だと思います。

 もう一つ特筆すべきは、音楽を『ウルトラセブン』の冬木透が手がけていること。もちろん、書き下ろしです。ナレーションを矢島正明が担当しているのも泣けるところですが、メニューでは音楽のみを再生する設定に切り替えることも可能。冬木先生の新曲がじっくり聴けます。個人的には1巻目の仙台空港の映像に途中から流れる音楽がワンダバっぽくて好きです。

 続編では、なんと音楽CDが付録に付きました。内容は、冬木透が作曲したBGMに藤公之介が歌詞をつけた「ぐいぐい走れ仙石線」、そして、オリジナル・カラオケをバックにした「ウルトラセブンのうた」の新録。歌っているのは、どちらもザ・ワンダースのオリジナル・メンバーです。

 ザ・ワンダースとは、尾崎紀世彦、朝コータロー(当時は朝紘一)、小栗俊雄(当時は栗敏夫)の3人で1966年に結成されたコーラス・グループ。アニメ『ばくはつ五郎』の主題歌や『キャプテン・スカーレット』の日本版主題歌、特撮時代劇『妖術武芸帳』の主題歌を歌っています。そして、「ウルトラセブンのうた」を歌ったジ・エコーズがザ・ワンダースの変名だったことは有名な話。今回の新録は、実に40年ぶりのオリジナル・メンバーによる再録音だったのですよ。
 のちに朝コータローさんは『スーパーロボット レッドバロン』の主題歌・挿入歌を歌い、尾崎紀世彦さんは『宇宙刑事シャリバン』の挿入歌を歌う(&出演もする)ことに。特撮作品とも何かと縁の深いメンバーなのでした。

 実は、2010年7月29日に仙台で行なわれたザ・ワンダースの録音に立ち合わせていただきました。3人のお話では、「ウルトラセブンのうた」を歌うのは放送当時以来で、ショーなどでも歌う機会はなかったとのこと。今回は、当時の再現ではなく、40年経った現在の歌声として聴いてほしいそうです。
 3人にお話を聞いて興味深かったのは、亡くなったヒデ夕樹さんとの交流。「また逢う日まで」のコーラスはザ・ワンダースのメンバー+ヒデ夕樹さんで録音したそうです。スタジオでいっしょになることも多かったとか。朝コータローさんはヒデ夕樹さんといっしょに日立のCMソング「この木なんの木」を録音しています(朝礼志名義)。

 新曲「ぐいぐい走れ仙石線」は、冬木先生らしいやさしいメロディの歌。作詞の藤公之介さんは宮城県出身の作詞家・詩人で、『レッドマン』や『恐竜探検隊ボーンフリー』の作詞も手がけている人ですから、円谷プロとの縁も深いのです。人生を感じさせる味わい深い歌に仕上がっています。

 続編にはさらに聴きどころがあります。石巻出身の作曲家・小杉太一郎が作曲した「カンタータ 大いなる故郷石巻」の演奏映像が収録されているのです。小杉太一郎といえば、アニメ『サイボーグ009』(1作目)の作曲家。その純音楽作品が、こんな形で聴けるとはなんとも感慨深いものがあります。

 DVD『昭和の情景』『続・昭和の情景』は、昭和の貴重な映像をアーカイブした労作です。1巻には170ページ以上、2巻にも150ページ以上の解説ブックレットつき。冬木透ファン、特撮ファンならずとも、手にとっていただきたい作品です。
 購入は仙台放送のサイトから可能。また、関東圏の一部店舗でも扱っています。

仙台放送 『昭和の情景』紹介ページ
仙台放送 『続・昭和の情景』紹介ページ

ザ・ワンダース・コンプリート・シングルズ&モア
 2000年にテイチクから発売されたザ・ワンダースのベスト盤。残念ながら廃盤。

 : ザ・ワンダース・コンプリート・シングルズ&モア

この木なんの木 [CD Single]
 ヒデ夕樹と朝礼志(コータロー)が歌うCMソング。音楽は小林亜星。現行商品です。

 : この木なんの木

posted by 腹巻猫 at 09:25| DVD/BD