2021年02月13日

「和田薫 アニメ音楽の世界」動画配信

和田薫 アニメ音楽の世界

 2020年10月9日に開催された「トークぷらすライヴ Vol.12〜和田薫 アニメ音楽の世界〜」の動画配信プロジェクトがFamneatsで立ち上がっています。

 当日会場に行けなかったファンも動画で試聴できるクラウドファンディングプロジェクトです。

 以下、サイトより。

---------------------------------------------------
「犬夜叉」をはじめ、10月開始の「半妖の夜叉姫」の音楽を手掛けた作曲家の和田薫さんをゲストに迎えた「トークぷらすライヴ」は、90年代初期の「3×3EYES 」 から最新作までの代表的なアニメ音楽を網羅。レコーディングミュージシャンの演奏とコアな和田さんのトークを「動画で視聴」いただけるプロジェクトを立ち上げました。
-----------------------------------------------------------

 動画視聴プランは2000円から。
 視聴チケット販売終了は2月15日23:59までと迫っていますので、お早めに。

 視聴期間は2021年2月20日23:59までです。
 申し込みは下記URLから。

 https://fanbeats.jp/projects/119

posted by 腹巻猫 at 06:12| ライブ/コンサート

2021年02月07日

銀河鉄道999 シネマ・コンサート

 銀河鉄道999 シネマ・コンサート写真

 2月6日、東京国際フォーラム・ホールAで開催された「銀河鉄道999 シネマ・コンサート」に足を運びました。
 劇場版『銀河鉄道999』全編を上映しながら、音楽を生演奏するイベントです。

 すばらしかったです。
 オリジナルは60人超のオーケストラにバンド(ドラム、エレキベース、ギター、ピアノ)とコーラスが加わる編成。ステージを見た限りでは、かなり忠実に再現されてました。

 ハープもチェレスタも生。
 混声合唱は男声5人に女声7人。
 女声スキャット(オリジナルでは伊集加代子さん)を担当したヴォーカルの小此木麻里さんがよかった。これがなければ「999」じゃないというくらいの聴かせどころです。小此木さんは中盤の挿入歌「やさしくしないで」の歌唱も担当。憂いのある歌い方がオリジナルのかおりくみこさんを思わせてぐっときました。

 演奏もさることながら、PAがすばらしい。セリフと音楽、どちらもよく聴こえ、互いにじゃまをしない。生ギターもしっかり聴こえるし、バンドとオーケストラのバランスもよかった。
 東京国際フォーラムでは「007」や「スター・ウォーズ」など、数々のシネマコンサートをこなしているので、ノウハウが蓄積されてるんでしょうね。これはむしろ、日本発のシネマ・コンサートとして海外に輸出してほしいです。

 青木望先生の音楽、あらためて、ぜいたくだなぁと。弦をたっぷりつかったクラシカルな曲もあるし、バンド編成の曲、民族音楽調、ウエスタン調など多彩。いくつかのテーマを設定して、そのアレンジを散りばめる古典的な手法ですが、メロディがどれも耳に残ります。

 公開当時はサウンドトラックの聴きどころを抜粋・構成して「交響詩 銀河鉄道999」として発売されたわけですが、これを機会に全曲入りで「交響詩 全曲版」として再発してもよいのでは。過去に全曲収録したCD「Eternal Edition」がありますが、あれはあくまでサウンドトラック・アルバム。「交響詩」として聴きたいなぁと思うわけです。

posted by 腹巻猫 at 10:59| ライブ/コンサート

2021年01月01日

2021年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

2020年は新型コロナウイルスの猛威により、苦闘の年でありました。
そんな中でも思い出に残る仕事ができたのは感謝しかありません。

今年は良い年になりますように。

昨年実現できなかった企画もいくつか進めています。

本年もよろしくお願いいたします。

2021年年賀

posted by 腹巻猫 at 16:28| 日記・コラム・つぶやき

2020年12月17日

追悼 一峰大二さん

 スペクトルマン 冒険王・週刊少年チャンピオン版 (1)

 漫画家の一峰大二さんが11月27日に亡くなりました。84歳でした。

 大変残念です。心より、ご冥福をお祈りいたします。

 なんといっても、『ウルトラマン』『スペクトルマン(宇宙猿人ゴリ)』などのヒーロー番組のコミカライズ作品が思い出深いです。
 ビデオもない、再放送もいつあるかわからない時代、『ウルトラマン』の興奮を何度も反芻できたのは一峰大二さんの漫画があったからでした。

 買ってもらった単行本は何度も読み返しボロボロに。
 第二次怪獣ブームの頃は『冒険王』(秋田書店)を愛読していたので、同誌に連載されていた『スペクトルマン』『快傑ライオン丸』などは、一峰漫画と映像の印象がごっちゃになっています。

 コミカライズといっても、一峰大二さんの場合は映像やシナリオをなぞるのではなく、独自の工夫やアレンジがありました。
 『ウルトラマン』もそうですが、映像に登場しない技や怪獣が描かれることがあり、むしろ、漫画版のほうで刷り込まれています。「え? この怪獣、本編には登場しないんだ」ということもしばしば。
 一峰漫画の場合、その違いが不満ではなく得した気分になるんですよ。
 怪獣の登場描写や怪獣を倒す段取りに工夫があり、その描き方も丁寧で、読み返すたびにわくわくしていました。

 少年時代の興奮と思い出をありがとうございました。
 これからも読み返すと思います。何度も。

漫画家の一峰大二さん死去 84歳 「スペクトルマン」など特撮ヒーロー作品や「怪盗ルパン」シリーズ (Yahoo!ニュース)

posted by 腹巻猫 at 17:38| 日記・コラム・つぶやき

2020年12月13日

ブログ引っ越しました

 「劇伴ブログ」をNiftyからさくらブログに引っ越しました。
 過去の投稿も反映しています。

 Niftyではカテゴリを複数指定できたのが、さくらブログでは1つしか指定できなかったり、Amazonへのリンクリストが作れなかったりと、若干仕様が異なりますが、こちらでもよろしくお願いします。
 Niftyのほうは近いうちに利用終了します。

posted by 腹巻猫 at 11:48| 日記・コラム・つぶやき